本文へ移動

園長ブログ

園長の想いや子育て情報の紹介をお読みいただければ、うれしいです。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

新型コロナ感染症に負けない気持ちを!

2021-08-26
感染予防対策を第一に考えつつ、子どもの心身の発育(教育・保育)を大切にしたい。
新型コロナ感染症の拡大に歯止めがかかりません。デルタ株という新たな感染力の強いウィルスが広がり、年齢の低い子どもへの感染もたくさん見られるようになってきました。小さなお子様をお預かりする園としては、大変心配なところです。私個人の考えとしては、コロナウィルスの国内侵入当初の昨年から思っていたことですが、なんにしてもウィルスは、「人から人へ移ることでしか生き延びられない。」「たとえ、ドアや机、床などの物質の表面で生きたとしても、限られた時間であり、そこでは増殖しない。」という原理をしっかり認識して、早いうちに、みんなが人との接触を我慢してしまえば、ウィルスはなくなると。ところが、経済活動を止めないという理由や、どこかの国では広がり切れば自然に集団免疫を獲得する(これは明らかな失敗に終わりました。)などということで、様子見をしているうちに、ここまで広がってしまったと思っています。早いうちから、人の流れを止めるという大胆な策を取ったニュージーランド、台湾、中国等が抑え込みに成功しているのは、このことを立証しているのではないでしょうか。ですから、感染の拡大を止めるには、なんといっても人の接触を止めることが一番という思いはあります。
しかし、理想を考えても仕方ないことです。現実問題として、私たちが今いるところは日本であり栃木県・佐野市です。園を取り巻く現状をきちんと把握していかなくては、子ども達を守り、園の責任を果たしていくことはできません。子ども達への感染を防ぎつつ、子ども達の心身の発育に必要な教育・保育活動を行うことを、地域の状況(国・県・佐野市の感染拡大状況)や保護者の考えや思い等々を十分理解して、バランスを考えながら進めたいと思います。すべての教職員の知恵を総動員して、近隣の幼児施設・小中学校の先生方の話も参考にして進めているところですが、保護者の皆様や地域の方々のお知恵やご協力もぜひともお願いしたいところです。この度、市からの要請もあり、本園でもできるご家庭では、家庭での保育へのご協力をお願いしました。ご家庭ごとのご事情も違うと思います。どうぞ、それぞれができることで力を合わせて感染の拡大を抑えるということで、よろしくお願いいたします。

ミニ水族館出現!?

2021-07-21
オススメ
ナンヨウマンタ、ホントビウオ、マンボウ
いちばんの力作!
幼稚園玄関の子ども達の下駄箱の上に、クワガタ、ザリガニ、たくさんのメダカがいます。
子ども達は、毎日、朝と帰り、園庭への移動の際によく見ています。1歳、2歳の小さいお子さんは、先生やお迎えのお父さん、お母さんに抱っこしてもらい、「おさかなだー」「ムシ」などと喜びながらみています。
そこに、新たな仲間が加わりました。園長が手作りした魚たち!ミニ水族館のようです。
型紙は、ネットで手に入れました。種類は他にもたくさんありますので、夏休みにご家庭で作られるのも楽しいのではないでしょうか。完成したら、園に寄付していただくのもうれしいですね。
(型紙は、水産庁関係の国立研究開発法人水産研究・教育機構のページからダウンロードできます。楽しいですよ。

子育ての今(教えてドクター特集記事より)

2021-07-09
子育て奮闘中の若いお父さんやお母さん!
子育てでは、多かれ少なかれ祖父母やその世代の方にお世話になっていることと思います。でも、その対応に困ったこともおありでは。昔はそうだったろうけど、今は違うんですよ。と思っても、頼んでいることだし、我慢しなくちゃいけないかな。
反対に、祖父母の方からしたら、そんなやり方してたらおかしいよ。でも、親が一番、若い者に従うしかないのかな。
お互い子のこと、孫のことを一番に考えているのだが、どうもしっくりこない!そんなこともあるのかと思います。
どうぞ、この記事を参考になさってください。特におじいさん、おばあさん。(私も皆さんと同年齢です)最近の医療、保育の進歩はすごいですよ。ぜひ、お読みください。そして、頼られる子育ての先輩となりましょう。

6月生まれ誕生会

2021-06-29
園では毎月、その月に誕生日を迎える子どもを誕生会を開いてお祝いしています。年齢の小さいたまご組(今月は対象の子どもはいません。)、ひよこ組、ぱんだ組、りす組はそれぞれの保育室で。3,4,5歳児のたんぽぽ、ひまわり、さくら組はゆうぎ室で。園長からプレゼントを渡したり、みんなで「ハッピーバースデー」の歌を贈ったりしてお祝いしています。小さい子ども達は、園長と記念撮影したり、園児ではゆうぎ室のステージで先生方からのパフォーマンス(今日はお二人の先生が壇上で大きなケーキを作りました。)があったりといろいろです。
誕生日をみんなで祝ってあげる、心から喜んであげる。自分の存在価値をしっかりと自覚できる、とってもいい機会になることでしょう。いくつになっても誕生日はうれしいものでありたいですね。
先生の呼びかけに、みんなは夢中!

新しい生き物が園に来ました。(ワクワク)

2021-06-24
小さいメダカと大きいメダカ
1匹目の梅林公園からのザリガニは残念ながら亡くなりました。これは2匹目、人丸神社から。
さなぎになって、よく見えないですが。
保護者の方からいただきました。メダカがたくさんやってきました。ありがとうございます。玄関にあって、子どもは毎日見ていきます。
ザリガニは梅林公園で捕まえたのですが、残念ながら亡くなりました。2匹目は園の先生が旗川の人丸さまで取ってきました。
さらに、右側のケースには、桑の葉に包まれて正体のはっきりしない芋虫がさなぎになって隠れています。桑の葉にたかっていましたが、子ども達が飼育している蚕とは違います。(蚕は天然では生きられない。)同じ種なのでしょうか?変身した姿が待ち遠しいです。
TEL. 0283-22-4766
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
学校法人犬伏学園
認定こども園 犬伏幼稚園
〒327-0804
 栃木県
佐野市犬伏下町1779-1
TEL:0283-22-4766
 FAX:0283-22-7889

幼稚園


0
1
8
8
0
5
TOPへ戻る