本文へ移動

園長ブログ

園長の想いや子育て情報の紹介をお読みいただければ、うれしいです。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

保護者のみなさまのご支援・ご協力に感謝!

2021-12-08
チェック
 先日の文化会館大ホールでのおゆうぎ会。子ども達の素晴らしい発表(出来はもちろんですが、そこまでの練習や当日の頑張りが素晴らしかった!)がみられ、大成功に終わりました。
 これも、一重に保護者会本部役員さん、クラス委員さんのご支援・ご協力の賜物と感謝いたします。また、参観いただいた保護者やご家族のみなさまのご理解・ご協力もあってこそと感じています。今後とも、子ども達のために、保育者とともに園の活動にご支援をよろしくお願いします。
 役員さんには、おゆうぎ会予行、本番と出番が続きましたが、明日のもちつき大会でも、お力を当てにしております。よろしくお願いします。

カブが育ったぞー!収穫だー!

2021-12-08
オススメ
毎日交代で水やりをして、プランターで育てたカブやダイコンが大きくなりました。ひまわり組の子ども達が収穫する場に立ち会いました。プランターを囲み、これから抜くぞ!とやる気満々です。先生から葉っぱの方ではなく葉や茎の付け根をしっかりつかむんだよと、コツを教わり、みんなが譲り合って協力して抜きましょうとも話がありました。
取った後は、みんんできれいに水道で洗って、先生に塩もみにしてもらい食べました。職員室にもおすそ分けが来たので、美味しくいただきました。自分たちが育てた野菜は、子ども達は好き嫌いなく何でもよく食べるそうです。園では育てる野菜の種類が年々増えて、今年はナス、オクラ、ブロッコリー、ミニトマト、ゴーヤ、じゃがいも、キュウリ、ピーマン、枝豆、イチゴ、カブ、ダイコンを食べます。
ひまわり組の子どもたちの収穫の様子を動画で取りましたので、限定配信します。QRコードからアクセスしてください。

おゆうぎ会の予行動画を配信!

2021-11-29
 12月4日(土)、佐野市文化会館大ホールで行われる「おゆうぎ会」の練習・準備がいよいよ大詰めとなりました。11月26日(金)に、当園のゆうぎ室にて、りす組、ぱんだ組、たんぽぽ組、ひまわり組、さくら組のゆうぎ、ダンス、合唱、踊り、合奏、オペレッタの予行練習が行われました。
 保護者会本部役員さん、クラス委員さんには衣装替えやステージ準備の担当練習と当日の座席決めのためのくじ引きをお手伝いいただきました。(終了が1時を過ぎてしまいましたが、本当にありがとうございました。)
 予行の様子を動画にしてYouTubeで限定配信しましたので、ぜひご覧ください。子ども達が本番で発表する内容の、ほんのさわりの一部です。本番での発表への期待が高まってもらえたら、うれしいです。(金曜日に撮影して、その後慌てて動画配信の作業をやりました。まだまだ作業に不慣れで、見ずらい点も多々あるかと思いますが、60の手習いとご容赦ください。)
 ここで、一つお願いですが、本番での出来やお子様の発表については、必ずよいところを見つけて、褒めてあげてください。行事や活動では、結果よりも本番までの練習や取り組みの過程を大事にして、そこでの一人一人の伸びを一番のねらいとして、園では取り組んでいます。どんなに練習で頑張っていても、当日緊張から体が動かなくなるお子様もいます。(大人も同じですが)子どもが楽しんで、自主的に取り組めば、必ずそこには成長があります。本番で失敗しようが、練習の段階で身につけたこと(目に見える技能だけでなく、頑張りや練習を工夫するなどの態度や心の成長)は間違いなく、子どもを成長させています。一番身近で見られている保護者だからこそ分かる、一人一人のお子様の小さな成長を見つけに、ぜひお出でください。

今晩は家族で月を見ましょう!

2021-11-19
オススメ
大規模な部分月食!お子さんと一緒に夜空を!

きょうは「部分月食」 食の最大は18時3分頃 98パーセントが影に 各地の天気は

関東地方の天気は晴れ。時間的にも、ちょうどいい。お子様と一緒に観察するには絶好の機会となりそうです。月が少しずつ陰っていく様子は、不思議な光景となり、子どもの心にも残ることでしょう。将来、天文学の道に進むか、宇宙飛行士を目指すか。たくさんの可能性を秘めた子ども達にいろいろな経験をする機会を与えてあげたいものです。(さらにお知りになりたければ、右のサイトに詳しく情報があります。)

さくら組の書道教室

2021-11-11
集中!!!みんな楽しみながらも真剣です。
年長クラスのさくら組さんは、月に1回、書道教室を行います。園長が師匠となり、担任、副担任の先生のお手伝いをいただき、筆や硯などの道具の名前や使い方を覚え、半紙の裏表を見分けることから少しずつ学習していきます。正座をして、「お願いします。」「ありがとうございました。」の挨拶をすることも、基本的な礼儀として学びます。挨拶は、「形ではなくて、相手に自分の気持ちが届くように、しっかり目を見てするんですよ。」「園長先生は一人ですけど、挨拶をする皆さん全員に気持ちが伝わるように、一人一人の目を見ていますからね。皆さんも応えてください。」と、話をすると、全員がつぶらな目を開いてしっかりと園長の顔を見て、挨拶をしてくれます。とても気持ちのいい時間が始まります。
筆の使い方に慣れ、上手に書けるようになってもらいたいと思って指導していますが、いちばんの願いは、誰もが筆を使って字を書くことに興味を持ち、書道の時間を楽しみにして取り組んでほしいということです。そのことで、少しでも字の形に注意したり、ていねいに書くということに意識をもつことにつながれば。さらに、何か一つのことを学ぶときには、先生(園長)の話を聞くことに集中する、他のことに気をとらわれずに一つの作業に集中する、というような習慣が身についてくれるといいと考えています。
実際には、教室は1回50分くらいの設定なのですが、子ども達が飽きずに、よく話を聞いて、一枚一枚熱心に取り組むので、ついつい時間をオーバーしてしまいます。園長は毎回最後に、子ども達の取り組み方がいいのを褒めながら、ついつい時間が長くなってしまった言い訳をしている次第です。 さらに、「園長先生は、今日も皆さんに教えていて楽しかった。みんながふざけたりすることなく熱心に取り組むのをみて感心しています。すごいですね。また、来月を楽しみにしています。」と伝えます。子どもたちの次への意欲を高めるためにも、と思ってですが、これはかなり本音です。教えることの楽しさを味わっています。私のこの気持ちは子ども達にも伝わるのでしょうね。
TEL. 0283-22-4766
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
学校法人犬伏学園
認定こども園 犬伏幼稚園
〒327-0804
 栃木県
佐野市犬伏下町1779-1
TEL:0283-22-4766
 FAX:0283-22-7889

幼稚園


0
4
6
5
6
6
TOPへ戻る