本文へ移動

園長ブログ

園長の想いや子育て情報の紹介をお読みいただければ、うれしいです。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

新型コロナウィルス感染症防止対策に関して情報提供!

2022-07-20
注目重要
 園は明日から夏休みに入ります。
・たまご組、ひよこ組、ぱんだ組に関しては、これまで通りの通常保育で変わりません。

・りす組、たんぽぽ組、ひまわり組、さくら組の子ども達は夏休みとなります。
 預かり保育(にこにこ教室)を利用する子ども達もかなりいるわけですが、通常のクラスでの教育・保育とは違い、ご家庭での生活に近いように、ゆったりと安全にを第一に過ごすことになります。職員数も、クラス単位でない分少な目での保育になりますので、健康について(この時期、特に新型コロナ感染症にも)ご家庭でお子様の様子をよく見ていただけますようご配慮をよろしくお願いいたします。
 さて、県や市から、新型コロナウィルス感染症の予防についてたくさん情報が発信されていますが、身近な役立つ情報として保護者のみなさまにもぜひ、ご覧いただきたいと思うものもあります。ご紹介しますので、お役立ていただければ幸いです。
1.無料の検査について(栃木県)
  県の登録を受けた検査拠点(薬局等)で、8月31日まで。PCR検査・抗原定性検査が無料。(ドラッグストアチェーン店も)
2.発熱等がある場合に対応可能な医療機関について(栃木県)
  県の公表の同意が得られた医療機関が、リストとして載っています。(佐野市内でもたくさんあります。)
 上記1,2ともに栃木県のホームページから検索できますので、スマホやPCからお調べください。
(ちなみに、1の検査は、私、園長は2度利用させていただきました。近くの店舗で、素早く丁寧な対応をしていただきましたことを報告させていただきます。どちらも陰性でした。
 また、園長の個人的見解ですが、現在、感染が急拡大している関係から、まずは検査一にも二にも検査が大事かな。と感じています。小さいお子さんは、1日で解熱したり、軽症だったり、咳だけだったりと、風邪にも似た症状でお医者さんも判断しにくいようです。まずは、検査されるのが安心と思います。)

あいさつの輪が広がっています。

2022-07-08
「おはようございます。」お子様を送ってきた保護者の皆さんの声が、玄関ホールに響きます。
「おはようございます。」「おはよう。」子ども達、保育士の先生からも明るい声が聞こえます。

園として、あいさつの行き交うこども園を目指したいと、園長から子ども達にお話をして、保育士の先生方も
意識して大きな声で明るいあいさつを実践しています。

あいさつをされると、とても気持ち良いものです。親しさや敬愛の心を感じます。
あいさつをするほうも、気持ちよく声を出すことで自分の気分も上がります。相手に親愛の気持ちを
示すことで、相手も心を開いてくれるように感じます。
このようなあいさつの効用を、自分の生活経験から学んでほしい、身につけてほしいと思っています。
ただ、気をつけたいのは、形だけの心のないあいさつを子ども達に強制しないことです。効用の意味がよく分からない
小さいうちから、形だけ強制されると、かえって嫌がることにもなりかねません。
大人が見本を示して、あいさつできたら褒めてあげて、心からの気持ちのいいあいさつの習慣が、自然と身に付いたら。
子ども達がこれから生きていくうえで素晴らしい資質を獲得することになるのではないでしょうか。
あいさつ一つで、一日の生活に潤いを感じられるようになったらいいですね。

こんな話を、保護者の方に話したのか、ブログに書いたのか。両方かもしれませんが(何しろ、小中の教頭時代から
の私の持論ですから)その影響も出てきたのかもしれません。
「送迎の保護者の方々のあいさつが以前よりたくさん聞こえるようです。」(以前より、確実に意識して、子どもの見本となるよう行動されているのを感じます。とてもうれしいです。)
そして、それに呼応するように、子ども達のあいさつもたくさん聞こえるようになってきました。
下駄箱付近で、子ども達同士が「おはよう」と言い合っている姿を見て、思わず微笑んでしまいました。
(親の力は、影響は、本当に大きいですね。

これからも、ますます爽やかな、人の心を和ます「あいさつ」がたくさん行き交う犬伏幼稚園と
なりますよう、大人から実践していきましょう。

7月7日!今日は七夕集会!

2022-07-07
注目
今日は7月7日。七夕の日です。
久しぶりに、たまご組からさくら組までの全園児が集まって、七夕集会を開きました。
七夕の歌を歌ったり、各クラスで制作した七夕飾りを紹介したり、願い事の発表もありました。
担当保育士の先生から、天の川、織姫、彦星などの言葉を交えて、七夕のお話もありました。
こんな風に、みんなで集まるのもいいですね。小さい子ども達は、お兄さんやお姉さんと一緒で、
それだけでも楽しそうでした。

ナス!ピーマン!!オクラ!!!。子ども達、みんな美味しくいただきます。

2022-07-05
 園では、イチゴをはじめ、たくさんの種類の野菜を育てています。種を植えたり、水をあげたり、収穫したりと、活動を子ども達は楽しんでいます。(もちろん、栽培とは関係のない、野菜に寄って来る芋虫や蝶、プランター下のダンゴムシに興味津々の子どももいます。)野菜や花を育てることから、子ども達一人ひとりの個性に合わせた多様な興味や好奇心が広がっていく。このように日頃の活動(遊び)から、子どもの学びが無限に広がっていくことを願って、栽培活動やザリガニ、カブトムシなどの生き物の飼育活動をおこなっていることは、すでに何度もお話をしているところです。
 そのねらいの一つでもあるのですが、ここ最近よく感じるのが食育の効果です。今日も、保育士の先生が、今朝収穫したばかりのナスを細かく切って、塩でもんでくれています。全クラスへ配るようです。一人が口にする量は、ほんのひと切れくらいかもしれませんが、子ども達が喜んで食べるようです。ナスが嫌いな子どもが、自分で水やりをしたナスということで、喜んで食べているそうです。
 園長が「私も子どものころはナス嫌いだったんだよね。」と言ったら、調理している先生も「私もです。」と。二人で思わず笑ってしまいましたが、
 「今幼稚園の子ども達が、自分たちで育てたからということで、無理強いされることもなく、ナスに限らずピーマンやオクラ、ミニトマトまで苦手な野菜を口にするということはすごいことだね。」と二人で関心しました。
嫌いな野菜を、細切れにして、他の食材と混ぜて、味付けを工夫して食べさせる。という話はよく聞きますが、それは苦手野菜を克服したことになるのでしょうか?必要な栄養素を取るだけなら、サプリなどで取ればいいのでは?野菜それぞれが持つ本来の味を美味しいと感じてくれるようになるには、やはり野菜をそのまま食べてほしい。   これが、保護者の、大人の願いです。
 野菜が育つことを自分で見ながら、その成長に自分が関わっていく。それが食に対する興味や関心につながり、食べようという意欲にもつながる。
 シンプルに小さく切って塩でもんだだけのピーマンやオクラを、小さな子ども達がおいしそうに頬張っている姿をみるにつけ、人間の行動は興味・関心・直接体験・好奇心によって引き起こされる。という至極単純な原理を改めて感じます。子ども達の心(興味や意欲)が遊び(行動や学び)がどんどん広がっていくような活動を提供していってあげなくてはいけないと、今日も思っています。

食物アレルギーやアナフィラキシーから子どもを守る。大切な備えを!

2022-06-09
 私たちの生活が便利になることに伴い、私たちを取り巻く環境も急激に変化しています。便利さとは裏腹に、私たちの健康に影響を与えるものも少なくないことが報告されています。食物アレルギーのお子さんが増えてきていることは、そんな要因によるのかもしれません。
 現在園では、お昼の給食やおやつ、さらには子どもの成長のための学び(栽培や調理、食育)につながる活動としてのクラス単位での調理活動など提供しています。これらの園活動を行ううえで、食物アレルギーへの対策は十分な備えが必要と考えています。
 6月8,9日の二日に分けて、短時間勤務の先生方も含めて保育者が、「食物アレルギーやアナフィラキシーから子どもを守る対応について」研修を行いました。(講師は、本園の増田准看護師にお願いしました。増田先生は育休中ですが、資料等を準備して分かりやすく指導してくれました。)エピペンの使い方も互いの太ももを子どもの体と想定して実習しました。今後も定期的に実施していきたいと考えています。
 また、各クラスで実施する調理保育活動(園で子ども達も手伝いながら育てた野菜を使って調理します。簡単には、キュウリをスライスして食べるなどですが、苦手だった子が食べることに挑戦して「おいしい」というようになったりします。)では、左の写真のような計画表を担任保育者が事前に作成し、管理栄養士に確認し、主任・園長にも確認してもらうという手順を行います。このことで、食物アレルギーを持つお子さんの誤食をしっかりと防ぐようにしています。
 園での対応について、保護者のみなさまにもご承知いただきたいと思い紹介させていただきましが、もし、さらなる専門的見地からのご意見・ご指摘を頂けるようなら、それもたいへんありがたいことと考えています。よろしくお願いします。
TEL. 0283-22-4766
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
学校法人犬伏学園
認定こども園 犬伏幼稚園
〒327-0804
 栃木県
佐野市犬伏下町1779-1
TEL:0283-22-4766
 FAX:0283-22-7889

幼稚園


0
4
6
5
6
6
TOPへ戻る