本文へ移動

新型コロナに関する園の対応(お知らせ)

9月13日(月)以降の対応について(お知らせ)

保護者様へ
メッセージ配信でお知らせしたところですが、佐野市からの「家庭保育のお願いの期間延長」を受けまして、できるご家庭には13日以降も家庭保育を続けていただけますようお願いいたします。
佐野市発出の文書内容につきましては、別掲しましたので、よくお読みください。
家庭保育のお願いの期間延長に伴いまして、通園バスの運行の取りやめ、課外教室の取りやめについて13日以降も続けますので、ご不便をおかけしますが、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。               園長

佐野市からの要請文書(9月9日付、佐野市長)

                                        佐保育発第121 号
                                        令和3年 9 月 9日
 各施設長、設置者 様
                                   佐野市長 金 子 裕(公印省略)

 新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う家庭保育のお願いの期間延長について

 日頃より、新型コロナウイルス感染防止策へご協力いただき感謝申し上げます。
8月24日付けで 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、9月 12 日(日)まで家庭保育の協力をお願い したところです。緊急事態宣言の発出により、県内の新規感染者数は減少傾向にありますが、市内の保育施設において感染者が確認されるなど、20才未満の感染者割合が増加しており予断を許さない状況にあります。
 このような状況を踏まえ、9 月13日(月)以降も当面の間、保護者さまへ家庭保育の協力を要請していただきたくお願いいたします。家庭保育の協力期間は、今後の感染状況や国、県等の動向を参考に検討し、改めてお知らせいたします。
 保護者様、各施設の皆様 には、ご負担をおかけしますが 、お子様の安全のためご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
                                        問合せ 佐野市保育課

2学期の始まりにあたって

                                         令和 3年 9月 1日 

 保護者 様                         

認定こども園犬伏幼稚園長  奥澤 雅之 

 

2学期の始まりにあたって(コロナ対策のお願い)

日頃から当園の保育・教育活動にご理解・ご協力を賜り誠にありがとうございます。

さて、新型コロナウィルス感染症対策として、先日は家庭での保育の協力をお願いしましたが、園活動においての対策全般について、再度ご確認をお願いします。年度初めにお便りでお知らせしてご協力をお願いした内容も再掲しました。また、その後新たに園として取り組みが進んだ内容や保護者様に再度ご理解・ご協力いただきたい事柄についても加えました。

2学期の始まりにあたり、保護者の皆様のご理解・ご協力もいただき、現在の厳しい状況の中、共に手を携えて子ども達を守りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

前回お配りしたお便りの内容です。(4月配布) 

新型コロナウィルスの感染拡大の防止対策について

現状、新型コロナの感染は拡大しています。変異株においては、感染力が強まり、子どもへの感染拡大が心配です。社会全体では、気のゆるみや自粛疲れがあるようですが、園では警戒感を強めています。ご家庭でもこのことを共有していただき、ご協力をお願いします。

・園の対策

教職員―毎日の体調チェック(検温も含む)記入、マスク着用、手指の消毒・手洗い、3密の回避、食事中の会話回避、歓送迎会を含む各種懇親会の中止等

施設設備―教室・玄関・トイレ・園バスにオゾン発生空気清浄器を設置(オゾンによる新型コロナウィルスの不活化)、窓開けによる換気、ロスナイ換気、子どもの接触する物・場所の清掃・除菌、玄関・各教室に除菌用アルコール・非接触型体温測定器や予備マスクを常備     

お子様・保護者(同居のご家族)様へお願いします。

毎日(土日も)の体調チェックを。(お子様は体温表に記入して持たせてください。)

3歳以上のお子様にはマスクを持たせてください。(予備を含めて5枚、記名も)

園児の送迎では、園内に最低人数・最小時間で(一緒に来た兄弟姉妹は車内や園外で待つ。)

お子様の体調不良・発熱は登園を自粛してください。ご家族様の発熱時も慎重にご検討を。

お子様やご家族がPCR等の検査を受けるとき、濃厚接触者となる恐れがあるようなときは、お子様の登園を見合わせて、園に速やかにご連絡ください。

※遠足等の各種行事の実施について、新型コロナウィルスの感染状況により、実施の可否も含めて、例年や昨年と比べて内容の変更等も予想されます。園の方針として、できる方法を探りながら可能な限り実施する方向で努力しますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

 

 これまでに対策が進んだ内容です。(8月末現在)   

 園の対策として

 ・教職員について、佐野市の教育・保育関係者対象のワクチン優先接種のおかげもあって、9月の2学期開始までには全職員2回のワクチン接種が済みます。

  ・次年度の入園関係を含め、相談・見学に来園する方も多いのですが、面会時の飛沫対策用つい立を備えました。また、お子様の給食時に、同じく飛沫対策用つい立を備えました。

 お子様・保護者様へお願いします。

  ・お子様と同居もしくは日頃から接しているような方(祖父母等)が発熱して検査(PCR、抗原)を受けたときは、陰性の結果がわかるまでお子様はお休みしてください。

 

 さらに、今後もご協力をお願いします。

  ・お子様の送迎の際は、保護者様等のお迎えの方は、できる限り短時間の園内滞在でお願いします。(特に、お迎え時に、園庭などでお子様を遊ばせていかれる方がいます。このようなことのないように、ご理解・ご協力をお願いします。)

   なお、このことにあわせて、送迎時の保育者の保護者様とのお話も必要最小限にするようにしています。ご理解ください。

新型コロナウィルス感染症対策について

                                         令和 3年 8月 3日 

 保護者 様                         

認定こども園犬伏幼稚園長  奥澤 雅之 

 

新型コロナウィルス感染症対策について

 

日頃から当園の保育・教育活動にご理解・ご協力を賜り誠にありがとうございます。

さて、連日ニュース等で報道されていますように、新型コロナウィルスの感染拡大が止まりません。栃木県全域において、警戒度レベルステージ3が出され、十分な警戒をするよう求められています。また、佐野市においては、クラスターも発生して、小さな子どもへの感染拡大も懸念され、対策の徹底のお願いが園に届きました。(裏面に原文を印刷しましたので、よくお読みください。)

昨年から、新型コロナウィルス感染症対策として、園としていろいろな対応を行い、またご家庭へもお願いをしてきましたが、現在の社会における感染の拡大はこれまでとは比べ物にならないくらい広がっているのが現状です。さらに、心配なのが、ベータ株(インド型)と呼ばれるウィルスが増えてきた影響か、小さな子どもの感染報告が増えてきていることです。(先週から県内、市内で幼稚園等の施設クラスターも発生。)

乳幼児を預かる園では、お子様と保育者やお子様同士のある程度密着した関係を避けることはできません。感染の拡大を防ぐためにも、普段の感染症対策や体調管理、さらには少しでも体調がよくない場合は登園を控えていただくということが、とても重要になってきます。

園における対策と併せて、ご家庭での管理・対策がとても大切になりますので、このことをよくご理解いただき、共に感染拡大防止のために最善を尽くしていきましょう。よろしくご協力をお願いいたします。

 

 

新型コロナウィルスの感染拡大の防止対策について

お子様・保護者(同居のご家族)様へお願いします。

毎日(土日も)の体調チェックを。(お子様は体温表に記入して持たせてください。)

3歳以上のお子様にはマスクを持たせてください。(予備を含めて5枚、記名も)

園児の送迎では、園内に最低人数・最小時間で(一緒に来た兄弟姉妹は車内や園外で待つ。)

お子様の体調不良・発熱は登園を自粛してください。ご家族様の発熱時も慎重にご検討を。

お子様やご家族がPCR等の検査を受けるとき、濃厚接触者となる恐れがあるようなときは、園に速やかにご連絡ください。

 

※これからお盆休暇や夏季休暇等で、お出かけや人と会う機会が増えるご家庭もあると思いますが、感染リスクが高まる「5つの場面」(栃木県協力要請より)は、特にご注意ください。

  ・飲酒を伴う懇親会等(ホームパーティーや親族の集まりも)

  ・大人数(5人以上)や長時間におよぶ飲食

  ・マスクなしでの会話

  ・狭い空間での共同生活

  ・居場所の切り替わり               

新型コロナ感染拡大を防ぐために(重要)

 保護者 様                         認定こども園犬伏幼稚園 
 
心配です!!!!!みんなで協力して防ぎましょう!力をお貸しください!
 
 緊急事態宣言の解除後、社会生活は新しい生活様式にしたがい、徐々に以前のような活動が始まってきました。そして、子どもたちの楽しく遊びに興じる姿が園に溢れてきました。
ところが、宣言が解除されたといっても、コロナウィルスが消えてなくなったわけではありませんでした。感染者が以前に増して増える様相を見せ、東京や大阪では警戒レベルは最大になりました。栃木でも再び感染者が増えてきています。さらに、警戒すべきは、幼稚園、保育園でのクラスターが発生したことです。当園としては、大事なお子様をお預かりしている責任を改めて痛感して、万全の対策を講じていくために、現状の対策を改めて見直しました。
 教職員(外部指導者も含む)の毎日の検温や体調管理とマスク着用、保育室やおゆうぎ室の換気、施設内(教室やトイレ等、遊具)の消毒、教職員や園児の手洗いや手指の消毒、外部の方が園に入るときの手指の消毒やマスク着用等を今も継続していますが、次の点について、保護者の皆様のご理解・ご協力も不可欠と考えます。ご家庭のご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。
 
マスクの着用
  園児(3歳以上は必ず持たせてください。
  保護者も来園するときは着用をお願いします。
検温と体調確認
  園児本人だけでなく、同居のご家族が発熱した場合も園児を休ませて様子を見てください。
園児の送迎では、(園に入る方は)最低人数、最小時間
一緒に来たお兄ちゃんやお姉ちゃんは車や園外で待機。保護者同士や先生との話はできるだけ
短く必要なことだけにしてください。)
※さみしいところですが、感染対策としてご協力をよろしくお願いします。
 
 

親子遠足の中止について

保護者 様
認定こども園犬伏幼稚園長 奥澤 雅之 
 
今年度の親子遠足の中止について(お知らせ)
 
 日頃から本園の教育・保育活動にご理解・ご協力を賜り深く感謝申し上げます。
 今年度は新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、入園式の縮小実施から始まり各種行事の中止、さらに園児の登園自粛等にもご理解・ご協力をいただきまして、誠にありがとうございます。
 さて、年度初め5月に実施を予定して、新型コロナウィルス感染拡大の影響から、とりあえず11月に延期をしていた親子遠足(4,5歳児の上野動物園・東京方面への遠足、3歳児のむさしの村・埼玉方面への遠足)ですが、6月自粛要請解除後も感染拡大が収まらない遠足先地域(東京、埼玉)の現状、列車やバスが窓の開放ができないことによる換気対策の不安、3密の不安、さらにJR列車利用に関しては、高いキャンセル料が7月申し込みの時点から発生してしまうという事情から、今年度はやむを得ず中止とすることにしましたのでお知らせします。
 特に、今年度卒園するさくら組の子どもたちやご家族様にとっては、誠に残念なことと推察いたしますが、新型コロナウィルス感染の収束について予測がつかない現状(東京都の陽性者は依然として増えています。栃木県でも陽性者が再び増えています。等)から、園としても苦渋の決断となりましたことを、保護者の皆様には何卒ご理解いただきたいと思います。

7月以降の園行事の予定

 保護者 様
認定こども園犬伏幼稚園長 奥澤 雅之 
 
今年度7月以降の行事の実施について
 
 日頃から本園の教育・保育活動にご支援ご協力を賜り感謝いたします。
 今年度は新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、入園式の縮小実施から始まり各種行事の中止や園児の登園自粛等に、ご理解ご協力をいただきまして、誠にありがとうございました。
 さて、先日のお知らせでも書きましたが、当園ではコロナ対策方針として、園児の健全な成長を図るため、可能な感染症対策(マスク着用、3密回避、換気、手洗い等の消毒等)を行いながら、できるだけ園児の行事や活動を通常に近い形で行いたいと考えています。文部科学省(幼稚園管轄)、厚生労働省(保育園管轄)、栃木県・佐野市役所のこども福祉担当部署等からの情報や指導をもとに、日々の教育・保育活動について一つ一つ検討しながら適切に実施しているところです。
 そこで、7月以降の行事について検討を重ねてきましたが、2学期までの行事について、以下のとおり実施することに決定しましたので、取り急ぎご家庭にお知らせします。
 なお、行事実施の可否や内容の修正については、園児と比べて、園児以外の大人(保護者や外部関係者)の感染可能性の方が高いということも考慮して判断させていただきましたことをご了解ください。
 また、「新型コロナの感染流行の第2波が秋から冬にかけてやってくる」等の予測もあり、今後の社会の変化について未知数の部分もあるため、今回決めた内容が変更になることもあります。先の見通しが立たないことでご不便をおかけしますが、諸般の状況についてご理解・ご協力くださいますようお願いいたします。
 ・お泊り保育→お泊りは中止して、お楽しみ会を実施。(保護者の参観は中止。18日(土)に変更)
 ・保護者会奉仕活動→予定通り実施。(3密を避けるように注意して)
 ・入園説明会→予定通り実施。(3密を避けるように注意して)
 
新型コロナに負けないよう、大人が力を合わせて、みんなでこどもの健全な発育・成長を守っていきましょう!

緊急事態宣言解除後の園の活動方針

 保護者 様                       認定こども園犬伏幼稚園長  奥澤 雅之 
 
新型コロナウィルス感染症の予防対策について(緊急事態宣言解除後)
 
 緊急事態宣言の解除を受けて、これまで登園自粛をされていた多くの子どもたちが登園してきました。子どもたちの楽しく遊びに興じる姿が園に溢れています。これからたくさんのお友達との活動を通して、多くのことを学び吸収していくことと期待しています。
 しかし、宣言が解除されたといっても、コロナウィルスが消えてなくなったわけではありません。これからはウィルスがあることを常に意識して、国が提唱する「新しい生活様式」を実践していかなくてはなりませんが、園では、「何ができない。」「何をしてはいけない。」ではなく、ウィルス対策を取りながらこうすればできる。」「全部はできなくても、可能な限り行う。」を合言葉に、教職員の知恵と工夫でこれまで実践してきた日々の幼児教育・保育活動を行っていきたいと考えています。
 ただし、通常の教育活動や行事の実施に関して、内容によっては「三つの密」の状態が避けられない場合等もあり、大変残念ではありますが、縮小や中止の場合があることもご理解いただきたいと思います。その際でも子どもたちが前向きな気持ちを失くさぬよう園では指導していきますので、ご家庭でもお話いただけるようお願いいたします。
 なお、今後の感染予防対応等について、裏面に示しましたので、ぜひご一読ください。また、ご質問やご意見等ございましたら、遠慮なく園までお話しください。
 今後とも、国、県、市からの指導、助言を受けながら、教育機関や医学研究機関等の情報を集めて運営を進めてまいります。子どもたちの健やかな成長を第一に考えて取り組みますので、保護者の皆様の温かいご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
 
※小学校教育と幼児教育・保育についての基本的な理解をお願いします。
・小学校では、授業による学習が教育活動の基本となっている。したがって、三つの密を避けるための対策として、マスク着用、間隔を離す、ICT導入授業、給食時の配慮等が、児童の発達度もあり実践可能となる。教師と児童の間もソーシャルディスタンスが取れる
・幼児教育・保育は人格形成の基礎を培うために環境を通して行う教育である。園児の活動、園児同士の触れ合い、園児と保育者との触れ合いがとても大切です。おおまかですが、生活や活動(遊び)から健康や自立を学び、人との触れ合いから思いやり、協力、道徳など身につけます。
保育者が子どもを体ごと受け入れる、受けとめる行動・指導は欠かせません
 こども園の運営は、文科省から出ている「新型コロナウィルス感染症対策の基本的対処」等を参考にすることとされていますが、上記のような教育の本質的な違いがあることから、対応について小学校との違いが多少生じることを、保護者の皆様にはご理解いただきたいと思います。

感染予防に対する園の取り組み

新型コロナウィルス感染症対策としての園の方針(具体的行動の目安です。)
 日々の教育・保育活動を可能な限り続けていくことを大切にしたいと思います。
そのために、園児を取り巻く環境に配慮して、園での活動内容や実施方法を検討・工夫していきます。(ただし、過度な3密の状態を避けることが難しい場合もあるので、活動ごとの状況をよく精査して、行事の内容変更や中止も検討する。)
 
次のことについて、ご家庭のご協力をよろしくお願いいたします。
マスクの着用
  教職員、園児(3歳以上は必ず持たせてください。2歳以下でも発達度合いや状況で)
  保護者も来園するときは着用をお願いします。
検温と体調確認(教職員と園児は毎朝行う。保護者の体調についても気を付けてください。)
発熱時は、解熱後も2日くらい様子を見てください。同居のご家族が発熱した場合も園児を休ませて様子を見てください。
園児の送迎では、(園に入る方は)最低人数、最小時間で
  (一緒に来たお兄ちゃんやお姉ちゃんは車で待機。保護者同士の話はあいさつ程度で。
さみしいところですが、園児の教育・保育活動を維持し続けるために、感染の可能性を極力減らしたいと思います。どうぞご協力をお願いします。)
 
次のことについて、園では実施していきます。
・手指の洗浄、消毒やうがいの励行
  園児は登園時に手指の薬品除菌、外遊び後・用便後・食事前等に適宜うがい・手洗いを行う。
  保護者が来園した時も必ず玄関で薬剤による手指の除菌をお願いします。
・教室や保育室の換気、教材・教具およびドアノブ等の設備の除菌
  室内は空気清浄機による除菌を実施し、こまめな窓の開放による換気に努める。
  園児の降園後、薬剤等を使って室内等の除菌を行う。
・バスの運行では、園児・教職員はマスク着用。(園児下車後に、毎日車内の除菌清掃を行う。)
・室内の運動や音楽活動は、飛沫が散らないように活動内容や方法を工夫する。
・プール活動は、今年は一度にプールに入る人数を制限したり、水を少なくして園児の動きを制限したりして、実施方法を工 
 夫する。また、園児の密を防ぐような指導を心がける。そして、暑い夏の活動を園児が楽しく安全に行えるように努める。
学校法人犬伏学園
認定こども園 犬伏幼稚園
〒327-0804
 栃木県
佐野市犬伏下町1779-1
TEL:0283-22-4766
 FAX:0283-22-7889

幼稚園


0
1
8
8
0
8
TOPへ戻る