スライド画像
スライド2枚目
スライド3
4
スライド5
スライド6
7
8
   
おゆうぎ会!12月5日(土)佐野市文化会館にて。
   
 認定こども園犬伏幼稚園は、開園以来のスローガン「太陽の子だ、大地の子だ」を掲げ、陽光の下で土に親しみ「太陽のように明るく、大地のようにたくましく」を合い言葉に野外活動、栽培活動など、自然の恵みを大切にした保育活動を行っています。園庭をはじめ、なかよし広場やその周辺に隣接した仲良し農園を有し、「緑いっぱい、花いっぱい、自然大好き心豊かな子」を目指して、四季折々の草花栽培や農園活動を行っています。
 
 

学校法人犬伏学園認定こども園犬伏幼稚園からのお知らせと新着情報

学校法人犬伏学園認定こども園犬伏幼稚園からのお知らせと新着情報
2020-11-06 令和3年度入園「りす組」(未就園児)募集しています。
  2020-11-06 好天に恵まれたみかも山遠足!
2020-10-26 佐野ケーブルテレビ「わんぱくキッズ」にさくら組登場!
  2020-10-12 運動会、無事開催!保護者会役員様はじめ保護者の皆様のご協力に感謝
2020-10-09 運動会延期のお知らせ
2020-10-03 メッセージ配信システムを導入しました。ご協力に感謝します。
2020-09-14 コロナ対策の新兵器!オゾン空気清浄機導入しました。
2020-09-14 サイド「今日の幼稚園」にひまわり組運動会練習
2020-08-21 夏季保育の様子をサイド「今日の幼稚園」にアップしました!
2020-08-06 令和3年度 入園説明会について
2020-07-17 サイド「今日の幼稚園」に誕生会2歳児ダンス!
2020-07-07 今日は七夕!七夕集会とスイカのフルーツポンチ
2020-06-29 7月の園だより、献立載せました。
2020-06-29 サイドの新型コロナウィルスについての欄に「7月以降の行事予定」を載せました。
2020-06-11 サイドメニュー「蚕の成長」記録!
2020-06-03 緊急事態宣言解除後の対応について
2020-05-13 みんなでダンス!
2020-04-30 「今日の幼稚園」をサイドメニューに追加しました。
  2020-04-15 令和2年度わんぱくキッズの活動は当面休止します。
  2020-03-11 二歳児クラス募集要項更新しました。
1
 

子育て、親育ちあれこれ

子育て、親育ちあれこれ
 
季節の変わり目 体調を守ろう。(新聞記事より)
 園長は、新聞を毎朝30分くらいじっくり読みます。いつからの習慣でしょうか?昭和(?)の人間ですので、社会人となってから新聞(朝刊のみ)は取り続けていましたが、毎朝しっかり読むようになったのは、アメリカの日本人学校へ勤めたときからでしょうか。教頭になり若い先生方に社会情報を教えたい(若い先生方は仕事や子育てで忙しい方が多い)、アメリカにいるが日本語で情報が得られる(当時はインターネットも今のように便利ではなかったし、なんとアメリカでも半日遅れの東京版の新聞が配達された)というのが理由だったようです。めっきり字を追うのがおっくうになり、読書量も激減してきた最近は、頭の老化を防ぐためにも必要と感じ、毎朝しっかり新聞に眼を通します。社会(経済、教育、時事)の動きから、小説、社説、読者の投稿、それから生活に役立つ情報の紹介とたくさんの有益な知識や啓発を受けます。たくさん考えさせられたり、時には心もほっこりすることも(^0^)
 今日は、子育ての情報を一つ得ましたので、紹介します。題名にも書きましたが「季節の変わり目は体調を崩しやすい。特に幼い子どもほど環境の変化に対応できずに調子が悪くなりやすい。だから、周りが気をつけましょう。」という内容でした。ポイントがまとめてありましたので、以下に載せます。(出典は、読売新聞「くらし 家庭」欄より)
 子どもの体調を守るポイント
・天気予報で気温を調べて服を選ぶ
・マスクや加湿器で喉を乾燥から守る
・子どもの様子がいつもと違ったら学校(幼稚園)を休ませても
親子で早寝早起きをして規則正しい生活を送る
1日1回は抱きしめるなど、スキンシップで安心感を与える
 
八王子の幼稚園で悲しい事故がありました。
 八王子の幼稚園で、4歳男児が給食のブドウをのどに詰まらせて死亡するという悲しい事故がありました。このことは他山の石として同じような事故が当園で起こらないように、情報を集め状況を調べ、職員一同対応について認識を新たにしました。
 対応については、知り合いの医師(タンザニアの在外日本大使館で医務官をされていた時に知己を得ましたが、現在は岩手県で保健所長をされています。)から紹介された情報が参考になりましたので、ご家庭でも参考になると思います。ぜひ、ご一読ください。
(以下、情報引用)
坂本昌彦医師(日本小児科学会指導医師)
食べ物で窒息死に至ることは珍しくなく、消費者庁は14歳以下の窒息死の17%が食べ物と報告しています。小児が窒息しやすいものはマシュマロ、ゼリー、団子、ミニトマト、リンゴ、ブドウ、豆類(ピーナッツや枝豆)、パン類(ホットドッグ等)です。年齢も大きな要素で、日本小児科学会では5歳未満のリスクが高いとしています。ちなみに横に保護者が付き添っていても起きます。「目を離さない」「気をつけて」だけでは防げません。まずはリスクがある食べ物を知り、5歳未満では避けるか、食べさせるときには例えばブドウなどは1/4以下の大きさに切って与えてください。
院外で窒息した場合、呼吸が止まっただけであれば蘇生率は50%を超えますが、心肺停止の場合の蘇生率は非常に低くなるため、心停止に陥る前に詰まった食べ物を除去しなくてはいけません。ハイムリッヒ法や背部叩打法など適切な応急処置を行えるようにしておくことも大切です。
 
蚕についての豆知識!
蚕は、絹糸をとるために人間が都合がいいように品種改良をした生き物であろう。ぐらいの知識は皆さんもご存じだったと思うのですが、少し調べてみたら、なんと自然の中で自力で生きていくのが難しいということを知りました。以下にWikipediaからの情報を載せます。お子様に教えてあげたら、すごいと感心されるかも!?です。園では子供たちが毎日興味津々で観察していますから。

家畜化された昆虫[編集]

カイコは家蚕(かさん)とも呼ばれる家畜化された昆虫で、野生には生息しない。また野生回帰能力を完全に失った唯一の家畜化動物として知られ、餌がなくなっても自ら探したり逃げ出したりすることがなく、人間による管理なしでは生きることができない[1]。カイコを野外のクワにとまらせても、餌のクワの葉を探さずに餓死したり、体色が目立つ白であるためにすぐに捕食されたり、腹脚の把握力が弱いため自力で付着し続けることができず、風で容易に落下して死んでしまう。成虫もはあるが、体が大きいことや飛翔に必要な筋肉が退化していることなどにより、羽ばたくことはできるが飛ぶことはほぼできない[2]

 
保護者のみなさま。お疲れ様です。
連休中、お子様と濃密な触れ合いの時間をたっぷり楽しまれたことと思います。頑張った保護者の皆様には、大きな充実感とともに、少しだけ?!疲れも残っていることと思います。その疲れの分だけお子様の成長にとってよいことができたと。大いにご自分を認めてあげましょう。親だって、子育て頑張ってることを褒めてもらいたいですよね。
さらにご苦労されているのが、お子様が登園を自粛されてるご家庭の保護者様と思います。連休が過ぎて、ますます元気をもて余した小さなかわいい怪獣が育っているおうちもあることでしょう。^0^ お子様が元気なことは、園としても大変うれしいことですが、保護者の皆様のうれしい悲鳴も聞こえてくるような気もします。そろそろ、登園する日に備えて、朝はきちんと起きてというような規則正しい生活や何時には体を動かして、次には絵本を読んでみる。そして、次は食事作りや掃除などのおうちの人のお手伝いをする。なんてことを少し我慢してでもさせていくということもいいのではないでしょうか。さくら組くらいになったら、お子様と相談して日課表を作ることから始めるのはどうでしょう。
園で毎日午前中行ってるダンスの動画をサイドメニュー「今日の幼稚園」のところに載せました。一緒に踊って日課の一つに入れてもらえると、すっかり家に馴染んでしまったお子様が園での生活を思い起こす手助けになるかもしれませんね。
 
園長からの提案です。
新型コロナウィルス感染拡大の予防のために、緊急事態宣言が出されてからずいぶん長い時間がたったように感じます。その趣旨と目的をきちんと理解して、国や県、市の要請にしっかりと協力してきた方にとっては、さらに5月の連休も外出自粛ということは大変な我慢のいることと思います。私もそうですから。(^_^;)
でも、ここへきて都内の感染者数が減少の様子を見せてきたり、新薬の承認が早まりそうであるとか、事態の改善に期待を抱かせるニュースも聞こえてきました。
小さなお子様を抱えた保護者の皆様、元気があふれ出しそうな小中学生のお子様をお持ちの保護者の皆様、「ぜひ、ここでもうひと頑張り!お子様を元気づけるためにも、普段は友達親子で仲良しでも、この時ばかりはいつもと一味違う頼りがいのある大人の顔を見せてあげましょう。」
GW、家にこもって家族一緒の時間をマイナスではなくプラスになるよう、知恵を絞りましょうlaugh
私の思いつくアイディアはenlightened
・カードゲーム(ババ抜き、神経衰弱、ダウト、大貧民、ポーカーなど、トランプだけでもいろいろあります。UNOも)
・昔のゲームもいいですよ。(ドンジャラ、人生ゲーム、野球盤、周り将棋、山崩し、オセロ・・・)
・庭やベランダでキャンプ(子供は大好き。家の中で寝袋で寝るだけでもわくわく!幸い連休中は天気がよさそうです。ブルーシート一つあれば、外でも寝られるかも?ただし、風邪をひかないように暖かくしてください。)
・ちょっと足をのばして、たくさん歩く。(佐野市はまだまだ近所に田んぼも畑もあります。幸せですね。歩き回っても、密になることはないです(笑)学校までお子様と歩いてみるのは!通学路の安全確認にもなるし、道端の花をみたり、思わぬ風景を発見したりがあるかも。)
他にも、いくらでもアイディアは思いつくのですが、昭和の昔の人間ですので、現代では非常識になりそうなものもありそうです。この程度の提案でにしておきます。
保護者の皆さんが子どものころやってみたかったこと、やってたのしかったこと、そんなことを思い出してみればいいと思います。(当然お子様にとって悪い影響を与えないものですが。これは当たり前です。(^_^;)
家でできることを考えることも楽しそうです。「できないことを数えるのではなく、できることを見つけていく。」(これは人生でポジティブに生き抜くためにとても大切な考え方です。)
お子様のどんな笑顔が見られるか、楽しみですね。そしたら、お父さんもお母さんも、おじいちゃんおばあちゃんも笑顔になってるかも!?どうぞ、お休みを有意義にお過ごしください。wink
 
qrcode.png
http://inubushi.ed.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

096774
学校法人犬伏学園
    犬伏幼稚園
〒327-0804
栃木県
佐野市犬伏下町1779-1
TEL:0283-22-4766
FAX:0283-22-7889

-------------------------------
幼稚園
-------------------------------
<<学校法人犬伏学園 認定こども園犬伏幼稚園>> 〒327-0804 栃木県佐野市犬伏下町1779-1 TEL:0283-22-4766 FAX:0283-22-7889